« 上海の警官殺傷被告、死刑確定…傍聴席から「人民英雄」の声 | トップページ | 「中国での移植手術、臓器の90%は処刑された囚人から」:『Lancet』が報告 »

2008年10月21日 (火)

第125回 まさか65才まで生きられるとは…

9.15.月.敬老の日.曇

自分が、
65才の敬老の日を、生きて迎えるとは、若い時には考えられなかった。祝日菜として昼食時にショートケーキ大のカステラが配られた。

"この世に生まれてきたことは、どうすることもできない。これは誰でも同じで、受け入れるしかない。しかし、生まれてから死ぬまでの間の人生はすべて自分の責任だ。自分が作った運命以外に運命はないのだから"

人を殺害した死刑囚の自分には、神仏を信じたり、神仏の存在を問う資格はないと思っている。

犯した罪の許しや償い等を神仏に乞うことは、罰当たりなことだと思っている。

人を殺害して、生きている価値がない人間だと烙印を押され、死刑になることだけが償いの1部になると云われ、処刑される日を待つだけの死刑囚に対して、「死」以外のことを、たとえば悔悟、懺悔等を求められても、困惑する。

「死が贖罪」死ぬことだけが確実な毎日をすごす人間には、反省も後悔も、もはや無用のものではなかろうか?そんな自分の思いに少し戸惑っているのだがー。



PS.
お仕事ご多忙の中、本当にお手数ですが、比嘉さん宛に「1万円宅下」の手続きをしてありますので、次回来て下さり面会申込をする際に、受付窓口で「宅下がある」と云って、現金を受け取って下さい。そのお金で

1、「異次元の刻印」グラハム・ハンコック著
  上下、各、1680円(計3360円)
  発行:パジリコ(株)
 を購入して差入をお願い致します。
2、残金で
 「牛缶」の差入を(全額分)お願い致します。
 差入屋で、一日3個ずつ、数日続けて入れてもらえます。
ご面倒をおかけ致しまして誠に申し訳ありませんが、何卒宜しくお願い致します。

日中と夜間の気温差が10度近くなり、すっかり秋の涼しさになりました。
風邪をひきやすい時季ですので、呉々もお体にはご注意下さい。
いつもありがとうございます。

2008.9.16
小田島鐵男拝

トップに戻る

|

« 上海の警官殺傷被告、死刑確定…傍聴席から「人民英雄」の声 | トップページ | 「中国での移植手術、臓器の90%は処刑された囚人から」:『Lancet』が報告 »

コメント

オダジマンさんの意見は正しいと思う。この小田島さんという人をよく見抜いていると思います。

 人権だのどうのこうの言う人に限って、だったらどうすれば良いかということすら書けないで、偽善者気取りで親切ぶってる。自分が特別に立派で人間らしいと思っていて、死刑賛成のコメンテーターを「残酷で恐ろしい人々」とか言うし。

残酷で恐ろしいことを「しでかした」のは小田島さんなの。本人も認めていらっしゃるから冤罪じゃないのよ。
 
 反省もできないと言っているので、無期にして解放したら、また被害者が出るし、被害にあった故人や社会を守るために、死刑の判決の執行が決まったんだってば。

日本語分かりますか?

死刑囚にも色々居るんだってば。改悛しないし、出来ないし、生まれつき、そういう気持ちをもてない人間も居るんだって。

投稿: | 2010年8月26日 (木) 15時04分

これで良くないとして、じゃあどうすれば良いのか、ちゃんと書いてよ。A.Mさん。

投稿: | 2010年8月26日 (木) 14時56分

彼と同じ事を言っている死刑囚がいました。改悛は難しい、よって死刑。この言葉を、「反省できないだろうから、反省しなくて良い。反省しなくて良いかわりに、死刑」と受けとったらしい。死ぬかわりに反省はしない、と。極論なのだろう。執行されることのみが刑罰であり、それまでは未決と同じ扱いなのが死刑、これは事実です。こんな刑罰に何の意味があるのでしょう。本当にこれで良いのでしょうか。

投稿: A・M | 2010年6月 3日 (木) 13時20分

て、色々と書いてるけど、
そうじゃないんだな~w
単に被害者の遺族とかに手紙を書くことから逃げてるだけだよ。
宗教に入れば、当然「被害者遺族に手紙を書いたら?」ってなるでしょ?
で、当然非難のお返事くるのは、小田島みたいなアホでも想像つくだろうから、
そういう事態にならないように、自分から逃げてるだけ、
こいつの性格すれば、困難に立ち向かうとか絶対無理。
早く死ね。

投稿: 電撃戦隊オダジマン | 2009年8月 8日 (土) 19時26分

それもありますが、死ぬ事が確定しているのはあなただけじゃない。普通というくくりで暮らしている私たちも死は確定しています。
その暮らしの中で私たちは、懺悔などをしています。
人は生まれた時から死刑を宣告されているのです。私とあなたで何の違いがありますか?
だから生きている間に一杯懺悔をしてください。

投稿: | 2008年10月28日 (火) 13時46分

それでは、捕まる前に一度でも反省や後悔をしたことがあるのかと問うてみたい。

投稿: | 2008年10月22日 (水) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/24654417

この記事へのトラックバック一覧です: 第125回 まさか65才まで生きられるとは…:

« 上海の警官殺傷被告、死刑確定…傍聴席から「人民英雄」の声 | トップページ | 「中国での移植手術、臓器の90%は処刑された囚人から」:『Lancet』が報告 »