« 死刑制度に不満相次ぐ=国連委の対日人権審査で | トップページ | 第122回 事故米不正転売事件 »

2008年10月17日 (金)

第121回 監査官の巡関

9.6.土.曇

昼前に
「10月1日、2日の両日に監査官(法務大臣の代理)の巡関があるので、当初の処遇等に不服がある者で監査官に不服申し立てを希望する者は、前もって便箋で申請をするように」との告知放送があった。

私が少年刑務所に服役した昭和35年の以前からあることだが、(いろいろ問題がある)形骸化した役立たずな制度で、何ら期待できない
「行事」だと思っている。

トップに戻る

|

« 死刑制度に不満相次ぐ=国連委の対日人権審査で | トップページ | 第122回 事故米不正転売事件 »

コメント

反省って一体何?

投稿: | 2008年10月18日 (土) 01時23分

しかし自分の犯した凶悪犯罪をまるっきり無視しているようだ。やはりまともな人間じゃないね。

投稿: | 2008年10月18日 (土) 01時14分

甘えるな!

投稿: | 2008年10月18日 (土) 00時12分

処遇以前に今生きてることに感謝して欲しい。

投稿: 土建屋40才 | 2008年10月17日 (金) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/24565886

この記事へのトラックバック一覧です: 第121回 監査官の巡関:

« 死刑制度に不満相次ぐ=国連委の対日人権審査で | トップページ | 第122回 事故米不正転売事件 »