« 埼玉・杉戸町の知人女性殺害、吉岡被告に無期判決 | トップページ | 76歳父強殺の長男に無期=「更生の兆し」死刑回避−青森地裁 »

2008年9月 5日 (金)

女性殺害の男に無期=「矯正余地ある」死刑回避−さいたま地裁

死刑関連ニュース
9月4日12時44分配信 時事通信

埼玉県杉戸町で昨年7月、知人の飲食店アルバイトの女性=当時(44)=を殺害したなどとして、殺人などの罪に問われた無職吉岡(旧姓内藤)正行被告(39)の判決公判が4日、さいたま地裁であった。若園敦雄裁判長は「執拗(しつよう)かつ残虐な犯行」と述べ、無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

弁護側は、先に切り付けてきたのは女性だとして正当防衛を主張したが、若園裁判長は「女性が抵抗困難な状態で切り付けた」と退けた。その上で「女性を人間として扱う気持ちがあったとは到底考えられない」と述べたが、計画性は認められず、「ゆがんだ人格を矯正する余地が完全にないとまではいえない」とし、死刑を回避した。

判決によると、吉岡被告は昨年7月18日午前3時半すぎ、杉戸町で女性の後頭部をはさみで切り付けた上、鉄製フェンスに頭を打ち付け、さらにはさみで頸部(けいぶ)を突き刺すなどして殺害した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080904-00000064-jij-soci

|

« 埼玉・杉戸町の知人女性殺害、吉岡被告に無期判決 | トップページ | 76歳父強殺の長男に無期=「更生の兆し」死刑回避−青森地裁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/23523996

この記事へのトラックバック一覧です: 女性殺害の男に無期=「矯正余地ある」死刑回避−さいたま地裁:

« 埼玉・杉戸町の知人女性殺害、吉岡被告に無期判決 | トップページ | 76歳父強殺の長男に無期=「更生の兆し」死刑回避−青森地裁 »