« <死刑>3人の執行に抗議表明…死刑廃止議連 | トップページ | 第105回 空調は廊下だけ »

2008年9月12日 (金)

元会社員、二審も死刑=2女性殺害切断−名古屋高裁

死刑関連ニュース
9月12日13時53分配信 時事通信

交際相手の女性2人を殺害し、遺体を切断して捨てたとして、殺人罪などに問われた元会社員兼岩幸男被告(50)の控訴審判決が12日、名古屋高裁であった。片山俊雄裁判長は「遺体の損壊にまで及ぶなど、その態様は確定的殺意に基づき冷酷かつ残忍」と述べ、死刑を言い渡した一審岐阜地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

片山裁判長は判決理由で「3年9カ月の時を経て1度ならず2度までも交際中の女性を殺害しており、自己保身のためには手段を選ばず、他人の生命を軽く見る態度が顕著。社会にとって極めて危険な犯罪的傾向を有している」と指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080912-00000101-jij-soci


トップに戻る

|

« <死刑>3人の執行に抗議表明…死刑廃止議連 | トップページ | 第105回 空調は廊下だけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/23695765

この記事へのトラックバック一覧です: 元会社員、二審も死刑=2女性殺害切断−名古屋高裁:

« <死刑>3人の執行に抗議表明…死刑廃止議連 | トップページ | 第105回 空調は廊下だけ »