« 第107回 獄中で増えた体重 | トップページ | 大津事件に新たな見解 伊賀で寺子屋講座 »

2008年9月17日 (水)

2女性殺害の男に死刑求刑

死刑関連ニュース
兵庫県相生市で女性2人を殺害し遺体を遺棄した罪に問われている男に対し、検察側は死刑を求刑しました。

兵庫県相生市の無職・高柳和也被告(42)は2005年1月、当時交際していた畠藤未佳さん(当時23)と金銭をめぐってトラブルとなり、自宅で畠藤さんとその友人の谷川悦美さん(当時23)をハンマーで殴って殺害。

その後遺体を切断し、海などに遺棄したとして殺人と死体遺棄の罪に問われています。

高柳被告はこれまで畠藤さんへの殺意を否認していましたが、検察側は「現場からは頭がい骨のかけらが発見され強力な力で頭部をハンマーで殴打していて、殺意は優に認められる」として死刑を求刑しました。

「37回目の裁判で死刑ということを検察が言ってくれてホッとしている」(父親の畠藤通保さん)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/mbs/20080917/20080917-00000030-mbs-loc_all.html

トップに戻る

|

« 第107回 獄中で増えた体重 | トップページ | 大津事件に新たな見解 伊賀で寺子屋講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/23811051

この記事へのトラックバック一覧です: 2女性殺害の男に死刑求刑:

« 第107回 獄中で増えた体重 | トップページ | 大津事件に新たな見解 伊賀で寺子屋講座 »