« 題110回 東拘に響く蝉の声 | トップページ | 第112回 熱帯夜の東拘 »

2008年9月26日 (金)

第111回 被害者の祥月命日

8.15.金.晴

朝から暑い。9時頃から入浴、浴槽の中には入らず、シャワーだけで体を洗い、冷水を浴びて部屋に戻ったが、すぐに汗をかく。
終戦記念日。刑務所ではこの日、正后の時報に合わせて黙祷をするが、ここでは何もしない。

被害者の祥月命日(8/15、9/24、11/21)と同様に今日一日、写経をするつもりで始めたが、汗で紙が手にくっつき、昼までに何とか2枚を書き終え、午後は中止した。

トップに戻る

|

« 題110回 東拘に響く蝉の声 | トップページ | 第112回 熱帯夜の東拘 »

コメント

暑いと感じることも、汗をかくことも、生きているからこその事です。亡くなった被害者の方々は、もう味わう事ができないのです。生きていることに感謝し、被害者の方々のために、もっともっと日々努力をしましょう。

投稿: A・M | 2010年6月 3日 (木) 12時10分

お前が命を奪った方々に毎日謝罪文を書き続けろ!そして早く死ね!!

投稿: | 2008年10月 6日 (月) 21時12分

シャワーだと、贅沢すぎだ。

投稿: | 2008年10月 6日 (月) 12時10分

……

投稿: | 2008年9月30日 (火) 06時32分

殺害された4名のご冥福をお祈りします。

投稿: 笑月ファン | 2008年9月26日 (金) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/24041832

この記事へのトラックバック一覧です: 第111回 被害者の祥月命日:

« 題110回 東拘に響く蝉の声 | トップページ | 第112回 熱帯夜の東拘 »