« 岡崎死刑囚が再審請求/オウム事件で初 | トップページ | 第111回 被害者の祥月命日 »

2008年9月24日 (水)

題110回 東拘に響く蝉の声

2008.8.13.水.晴

昨日の昼頃から右ひざが痛み、あぐらで坐っておれず右足を伸ばして坐ったりしていたが、夜中にひざの痛みで目が覚めた。ひざの皿の骨の中がギリギリと痛む(神経痛?)。皿の周りを手で圧したり叩いたり、足を屈伸して痛みを散らそうとしたが効かず、明方に、歯痛でもらった残りのバファリンを2錠飲んだ。

今朝、目覚めてみると、昨夜の痛みが嘘のように治っていた。
刑務所の居室棟と隣棟との間には必ず立ち木があって、6月頃から蝉が鳴き始める。だが東拘の居室棟と隣棟の間には立木が一本も無いため、全く蝉の声を聞かない。

ところが、今日、9時半からの室内体操の放送が終わったとたんに、突然「ジージー、ジージー」と大きな蝉の声が響き、一瞬、非常ベルが鳴りだしたのかと思った。立って窓に近づいてみると、外壁の目隠しウイングのところで鳴いているようだった。

今年初めて耳にした、10秒間ほどの蝉の声だった。樹ではない。11階の高さまでよく飛んできたものだと思った。めったにないはずだから、これが私にとって今生で聞く最後の蝉の声になるだろう!

トップに戻る

|

« 岡崎死刑囚が再審請求/オウム事件で初 | トップページ | 第111回 被害者の祥月命日 »

コメント

蝉の声。悲しい気持ちになりました。

心のある人だとは思ったが、死刑囚に
なって初めて目覚めた情なのだろうか?

自分の子供に対しての想いも死刑囚に
なってるからこそ 精錬された想いで
愛を知ったのかもしれない

そう思わないと、あなたが強盗殺人という
大きな罪をどういう思いで犯したのだろう?
70代の歯医者さんも殺害することが何故
できたのだろう?

殺す という事は 到底普通に考えて
簡単にできる事ではない。


被害者への贖罪の気持ちはないのか?

それか、被害者と向き合うのを避けているのか?
罪悪感がまだこの時点では芽生えていないみたいに思える

罪を考えたら、
改悛して死ぬ事も辛い事かもしれないが
心は安らぐのではないか・・・

投稿: 通りすがり | 2012年2月 7日 (火) 22時56分

蝉の声ひとつで感動できる、素晴らしい心がありますね。死刑囚となり、死と向かい合わずとも、本来持っていた綺麗な心なのだと信じたいです。

投稿: A・M | 2010年6月 3日 (木) 12時04分

よく見れば内容とは関係無いタイトルでアンケートの
こと書いていました。日本は全体主義国家でないん
ですから。こないだ痴漢の誤認の映画見ました。
鹿児島の選挙違反とか、富山の強姦犯人とか、一歩
間違えると、本当に戦前と同じです。一方で、現行犯
逮捕の重大犯人は死刑にすべきと思う。

投稿: 一 | 2008年9月25日 (木) 23時14分

数日前に社民党の福島党首のアンケートの話が
あったけど、あれって没?

死刑囚っていっても中には冤罪のケースも考えられ
るでしょ。この人を対象にしなくとも、死刑囚全体
から見て、没はないと思うけど。法務省からの
圧力かな?これを消さないと今後は交信はまかり
ならぬということか・・・・

投稿: 一小市民 | 2008年9月25日 (木) 23時10分

しょうも無い事言うてんと、少しは、被害者に対しての言葉は、無いのか?早く執行される事を祈ってます。

投稿: | 2008年9月25日 (木) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/23994327

この記事へのトラックバック一覧です: 題110回 東拘に響く蝉の声:

« 岡崎死刑囚が再審請求/オウム事件で初 | トップページ | 第111回 被害者の祥月命日 »