« 「自分は重要な人間だ」と思い込む 「自己愛性人格障害」とは何か | トップページ | 第103回 読めない手紙 »

2008年9月 5日 (金)

第102回 最期のうなぎ

7.24(木)土用丑の日 晴

昨夜、減灯後も比の事など、色々と考えて眠れず転々としていたが、やっと少し眠くなった時、体に揺れを感じて
「地震だ」と思った。ドアがギシギシと音を立て、かなり大きく、ゆっくりした揺れが20~30秒位続いた。

今朝の回覧新聞の一面に
「午前0時30分、岩手地震、震度・6強」の記事が載っていた。当所でも月に1~2度決まって「地震発生時の心得について」の放送があるが、こう地震が連発すると、関東でも近いうちに大地震が発生するのでは、と思ってしまう。

7/11に提出したサイラとアレーの
「外部交通申告の追記願」について、昨日「サイラのみ許可する」との告知があったので、今朝、先に不許可になったサイラの手紙の「交付願」を提出した。
夕食に、パック入りの
「うなぎ蒲焼」が配られ、今生最期の味を噛みしめた。

トップに戻る

|

« 「自分は重要な人間だ」と思い込む 「自己愛性人格障害」とは何か | トップページ | 第103回 読めない手紙 »

コメント

人権ゴロさんお疲れ様です。
こんな充実した食生活が無料で送れるのなら、シャバで食い詰めたら犯罪に走った方が合理的ですね。生活保護なんてなかなか受けられませんし。

投稿: | 2010年8月 7日 (土) 20時44分

皆さんは、何か誤解しています。鰻を食べたい!と彼が要求したわけでもない。拘置所で出されたものを、ただ食べて、それを美味しいと思ったに過ぎない。殺人を犯したものは、その途端に心も姿も人間でなく獣や虫などになってしまえば、話は簡単かもしれないが、彼は人間として生まれ、そして罪を犯した後も人間なのです。被害者やご遺族には何を言われても仕方の無いことだと思うが、無関係の人がそこまで人権を無視した発言をすることに、逆に私は恐ろしさを感じる。

投稿: A・M | 2010年6月 3日 (木) 10時59分

何が死刑廃止だ!!!

反日は地獄に落ちろ!人殺しも地獄に堕ちろ!!

投稿: 腐れ売国左翼は氏ね | 2010年5月22日 (土) 22時32分

祝日菜とか 理解は出来るが 納得と賛成はできませんね

投稿: | 2009年5月17日 (日) 22時32分

ライターが手直ししてるんじゃ意味ねぇじゃねーか
原文でのせろやカス

投稿: 在チョンですかアナタ? | 2009年5月 4日 (月) 20時54分

税金の無駄はやめろ!
極悪人はサクッと始末しろよ

投稿: ゆうじ | 2009年5月 4日 (月) 20時42分

うなぎは、どこ産ですか?

投稿: | 2009年5月 4日 (月) 15時09分

ウナギを食べる死刑囚がいるから殺人者が増える?
こんな程度の者が裁判員に選出される様では、それ自体が忌避理由になるだろう。
知能、資格試験が必須だ。
真実を見極める事より、馬鹿に煩わされる事の方が負担だ。

投稿: ライトゥーです | 2009年4月23日 (木) 23時26分

世間には、うなぎも食する事が出来ずにいる人が存在するのに、死刑囚がそれをするから犯罪が増える?
こんな程度の者が裁判員に選出される様では、それ自体忌避理由になるだろう。
車と同様、資格試験が必要だ。
IQテストも…(最低基準は100)

投稿: | 2009年4月23日 (木) 23時15分

うなぎも食べれないで、世間で生きてる人は、たくさんいます。
この様であるから、日本は殺人事件が増えると、思います。
殺人を犯しておいても、拘置所で、美味しいものが食えるなんて、偉そうに言う死刑囚がいたのでは、日本には、殺人者が増える一方だと思います。
もっと、懲らしめてやらないと、
そして、殺人を犯した人間には、もっと、つらい思いをさせてやりたいです。
殺された、人間は、何も食べれず、味わうことも出来ず、犯人の手で恐怖におののきながら、死んで行ったかと思うと、気の毒でなりません。
何の悪いこともしない人間は、ごはんに水をかけて、お漬物だけしか食べず暮らしてる人はいっぱいいます。人殺しをし刑が確定した人間は、うなぎを食べるのですか?

投稿: | 2008年9月10日 (水) 04時41分

うなぎを食った?ふざけるな!刑の執行を待たずに、絶食して苦しんで逝け、それが償いというもんやろ

投稿: 元 懲役 | 2008年9月10日 (水) 00時46分

この様に、拘置所生活をしてる、人間が被害者の気持ちも考えず、うなぎを食べたなどと、幸せなような事柄を書いてる事が、私のは許せないです。
人を散々苦しめて、俺はうなぎ食ったはないだろうと、思います。

投稿: | 2008年9月 9日 (火) 15時47分

控訴しないで刑は受け入れ、犯罪に対する後悔はしていると見分けられますが、反省と被害者のことをどこまで考えているのでしょうか。

日記を見るかぎり分かりにくいと思われます。

裁判員制度がはじまりますし、考えられます。

投稿: 笑月ファン | 2008年9月 8日 (月) 07時00分

こんばんは。
初めまして。いつも読んでます。

私も今年はウナギ食べてません…ウナギ美味しいですよね。

私は、小田島さんのことはニュースでしか知りません。しかし重い罪を犯した凶悪な人だと思ってました。でもこのブログを読んで少し考えがかわりました。


まず、すごく頭が良さそう。

家族への思いを読むと、なんだかこの人にも魂とゆうものがあるんだなぁと思わされました。


これからは少しは過ごしやすい季節になってきます。

お身体に気をつけてください。お伝えいただければ幸いです。

投稿: 春の日 | 2008年9月 8日 (月) 00時19分

鰻ですか

俺も今年食べてないのに…

でも身体壊さないようにお伝え下さい

投稿: エメルソン | 2008年9月 6日 (土) 02時35分

うなぎですか。

そーいえば、今年はまだ食べてません。

変わりばえのない留置所生活ではたまにでる

ご馳走が唯一の楽しみなんだろうな。

投稿: 土建屋40才 | 2008年9月 6日 (土) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/23524574

この記事へのトラックバック一覧です: 第102回 最期のうなぎ:

« 「自分は重要な人間だ」と思い込む 「自己愛性人格障害」とは何か | トップページ | 第103回 読めない手紙 »