« 控訴審初公判は9月25日 秋田連続児童殺害事件 | トップページ | 杉戸の女性殺害に死刑求刑 さいたま地裁 »

2008年8月27日 (水)

渡辺被告が病死 福島・連続殺人公訴棄却へ

死刑関連ニュース
8月27日6時14分配信 河北新報

いわき市と福島県三春町で2001年、栃木県の女性と郡山市の男性を殺害したとして強盗殺人罪などに問われ、一、二審で死刑判決を受けた福島県本宮市稲沢松苗、農業渡辺実被告(59)が拘置先の宮城刑務所(仙台市若林区)で病死したことが26日、分かった。

死亡したのは21日で、被告の死亡により、公訴棄却の手続きが取られる。仙台高裁は2月、渡辺被告を「終始、主導権を握って犯行グループを統率、指示した」などとして、死刑を言い渡した福島地裁郡山支部判決を支持。渡辺被告の控訴を棄却し、同被告が上告していた。

判決によると、渡辺被告は仲間4人と共謀し、01年6月、いわき市平の県道で女性=当時(77)=を軽ワゴン車でひき殺し、損害保険金約230万円をだまし取った。同年9月には仲間2人と三春町の空き家で男性=当時(63)=を殺害して福島県田村市の山中に遺体を捨て、男性から奪ったキャッシュカードで金融機関から現金68万円を引き出すなどした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080827-00000006-khk-l07

トップに戻る

|

« 控訴審初公判は9月25日 秋田連続児童殺害事件 | トップページ | 杉戸の女性殺害に死刑求刑 さいたま地裁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/23292235

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺被告が病死 福島・連続殺人公訴棄却へ:

« 控訴審初公判は9月25日 秋田連続児童殺害事件 | トップページ | 杉戸の女性殺害に死刑求刑 さいたま地裁 »