« 「適切さを欠いた表現だった」…朝日「死に神」問題が決着 | トップページ | 内閣改造・記者会見する保岡法相 »

2008年8月 4日 (月)

【新閣僚の横顔】法務 保岡興治

8月2日8時0分配信 産経新聞

森内閣の法相から2度目の入閣で再び法相に起用された。自らも弁護士資格を持ち司法制度改革に詳しい。法的弱者への目配りから、多くの議員立法を手がけてきた。来春の裁判員制度スタートに向け豊富な経験を生かせるか試される。

憲法改正政治改革がライフワークで「政策を検討し始めると徹夜も辞さない勉強家」が周囲の評だ。憲法改正のための国民投票法制定にも尽力してきた。

昨年の安倍内閣退陣後は、福田内閣の実現に奔走した。
山崎拓元副総裁の側近ジョギング、水泳が趣味。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080802-00000069-san-pol

トップに戻る

|

« 「適切さを欠いた表現だった」…朝日「死に神」問題が決着 | トップページ | 内閣改造・記者会見する保岡法相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/22776939

この記事へのトラックバック一覧です: 【新閣僚の横顔】法務 保岡興治:

« 「適切さを欠いた表現だった」…朝日「死に神」問題が決着 | トップページ | 内閣改造・記者会見する保岡法相 »