« 長崎市長射殺:「いまだ夢のよう」 伊藤前市長の遺族ら墓参り /長崎 | トップページ | 第96回 フィリピンからの便り不許可… »

2008年8月18日 (月)

<太平洋戦争>モンテンルパ元死刑囚の獄中日記見つかる

死刑関連ニュース
8月13日13時21分配信 毎日新聞


太平洋戦争中にフィリピンに派遣され、戦犯として死刑判決を受けながら1953年に恩赦で帰国した元憲兵の日記類が見つかった。自身に対する戦犯裁判の詳細なメモや獄中での生活、日本で帰りを待ちわびる妻子への思いなどがしたためられている。

見つかったのは06年6月に95歳で亡くなった埼玉県新座市の鳩貝吉昌さんの手帳とノート5冊。家族が遺品を整理中に発見した。

鳩貝さんは41年から中国やフィリピンに赴任。終戦で捕虜となり、住民虐殺の罪に問われた。国会図書館に残る裁判記録によると、事件への関与を否定したが、48年12月に銃殺刑の判決を受けた。モンテンルパのニュービリビッド刑務所に収容されたが、恩赦により他の死刑囚らと共に53年7月に帰国した。

記録されているのは、48年の裁判の詳細メモと51〜53年の獄中での生活。48年の3人処刑後、執行がなかったが、51年1月19〜20日に14人が処刑される。このころの日記には、毎晩身を清めて処刑に備える様子などがつづられている。

また、1月24日には「戦争そのものが人道的には相反している」「孫子の代まで軍人にはしたくない。戦争はいやだ」と戦争への率直な思いを吐露。25日には「勝者が敗者を一方的に裁いた」と戦犯裁判を批判している。

家族への思いが多くを占めるが、刑務所内での生活に併せ当時の周辺状況なども端々に読み取れる。51年ごろは訪問者が少なく、処刑も覚悟しなければならなかったが、53年ごろになると、日本とフィリピンの議員らの訪問を受けたり、所内で野球に興じたりしたことも記されていた。

帰国できることを知った53年6月28日には「夢のようだ。待ちに待った内地送還(中略)家族もどんなに喜んでいるだろう」と興奮冷めやらない思いをつづった。

フィリピンでの戦犯問題に詳しい広島市立大広島平和研究所の永井均講師は「死と向き合う苦悩や戦犯の服役状況が克明に記されている。フィリピン当局の日本人戦犯への慎重な処遇や、恩赦に至る獄中の雰囲気の変化なども分かる内容だ」と話している。【曽田拓】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080813-00000043-mai-soci

トップに戻る

|

« 長崎市長射殺:「いまだ夢のよう」 伊藤前市長の遺族ら墓参り /長崎 | トップページ | 第96回 フィリピンからの便り不許可… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/23066802

この記事へのトラックバック一覧です: <太平洋戦争>モンテンルパ元死刑囚の獄中日記見つかる:

« 長崎市長射殺:「いまだ夢のよう」 伊藤前市長の遺族ら墓参り /長崎 | トップページ | 第96回 フィリピンからの便り不許可… »