« 第92回 ムショ仲間 | トップページ | 八つ当たりで無差別殺人犯 頻発する“歪んだ自己愛” »

2008年8月 9日 (土)

<ストーカー判事>裁判員制度に影響

死刑関連ニュース
8月8日14時40分配信 毎日新聞


下山判事への有罪判決(8日)は、司法に対する国民の信頼を大きく傷付けた。市民が刑事裁判に参加する裁判員制度のスタートを来年5月に控え、積極的な広報活動を続けてきた裁判所は、信頼回復への努力を迫られる。

最高裁によると、現職裁判官への有罪判決は2例目。最初の例は01年、東京高裁判事が児童買春禁止法違反で有罪とされた。司法制度改革論議が大詰めを迎えていた時期だった。そして下山判事の逮捕は、裁判員制度開始のちょうど1年前の今年5月21日だった。

裁判所関係者は一様に事件を「個人的な問題」とみる。しかし、地裁支部長と部下をめぐる不祥事でもあり、裁判員制度への悪影響を懸念する声は少なくない。最高裁も起訴の6日後、国会の裁判官訴追委員会に弾劾裁判での罷免を求め、迅速な対応を見せた。

裁判員となることに多くの国民が不安を持つ。その中で裁判官は、適切な争点整理と訴訟指揮▽裁判員の意見を引き出す評議の進行--など多岐にわたり重要な役割を果たす。裁判官の対応が、制度成功の大きな鍵と言え、改めて高い職業倫理と職責の重大さの自覚が求められる。【北村和巳】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080808-00000073-mai-soci

トップに戻る

|

« 第92回 ムショ仲間 | トップページ | 八つ当たりで無差別殺人犯 頻発する“歪んだ自己愛” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/22870677

この記事へのトラックバック一覧です: <ストーカー判事>裁判員制度に影響:

« 第92回 ムショ仲間 | トップページ | 八つ当たりで無差別殺人犯 頻発する“歪んだ自己愛” »