« 内閣改造・記者会見する保岡法相 | トップページ | 新旧法相の引き継ぎ 鳩山邦夫前法相、一番印象深いのは「死刑についての議論高まった」 »

2008年8月 4日 (月)

第90回 眠ったまま死ねたら…

6月24日(火)晴

昼前に、雑役夫(受刑者)が大型掃除機で個室天井の空調吹出口を掃除。近日中に空調を入れる下準備か?

最近は、1日1日がものすごく早く感じて、少々戸惑っている。

独房の中で 時間が 駆け足ですぎていく
昨日と同じ 明日が くる
何の変化もない 拘禁 処刑の日を 待つだけの
日が 続き 心の中で 生と死の 想いが 互いを
食らい合う 先行きの 見えない毎日
己れに 相応しい 成り行きが 
今の姿 なのだ


ああ、明日の朝は目が覚めなければいいな、眠ったまま死ねたらいいな、と思いながら毎晩眠りに就くのだがー。またいつもと同じ朝を迎えてしまう。

トップに戻る

|

« 内閣改造・記者会見する保岡法相 | トップページ | 新旧法相の引き継ぎ 鳩山邦夫前法相、一番印象深いのは「死刑についての議論高まった」 »

コメント

早く死刑になれ

投稿: | 2008年10月 6日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/22776361

この記事へのトラックバック一覧です: 第90回 眠ったまま死ねたら…:

« 内閣改造・記者会見する保岡法相 | トップページ | 新旧法相の引き継ぎ 鳩山邦夫前法相、一番印象深いのは「死刑についての議論高まった」 »