« 裁判員制度:分かりやすさ、効率的な評議…地裁の模擬裁判、課題残し終了 /栃木 | トップページ | <裁判員制度>候補予定者名簿の作成作業スタート »

2008年7月16日 (水)

殺人事件で異例の「即日判決」…宇都宮地裁

死刑関連ニュース
7月15日20時18分配信 読売新聞

宇都宮地裁で15日、殺人事件の初公判から判決までを1日で済ませる異例の
「即日判決」があった。

最高裁によると、裁判員制度を見据えて公判前整理手続きが導入された2005年11月から、最新データをまとめた今年5月末までの間に、殺人事件で同手続きを経て即日判決となったケースはないという。

裁判では、
一人暮らしの母親を絞殺し、殺人罪に問われた住所不定、無職小林聖一被告(46)に対し、井上泰人裁判長は、懲役12年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。

小林被告の裁判では、宇都宮地裁、宇都宮地検、被告の弁護人が、公判前整理手続きを4~6月に計3回実施。事実関係に争いがないことを確認し、即日判決に合意した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080715-00000056-yom-soci

トップに戻る

|

« 裁判員制度:分かりやすさ、効率的な評議…地裁の模擬裁判、課題残し終了 /栃木 | トップページ | <裁判員制度>候補予定者名簿の作成作業スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/22342621

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人事件で異例の「即日判決」…宇都宮地裁:

« 裁判員制度:分かりやすさ、効率的な評議…地裁の模擬裁判、課題残し終了 /栃木 | トップページ | <裁判員制度>候補予定者名簿の作成作業スタート »