« 比嘉氏への手紙08.6.3 | トップページ | <裁判員制度>状況証拠だけで起訴の模擬裁判で無罪判決 »

2008年7月24日 (木)

裁判員制度 被告にネクタイと靴着用認める 法務省方針

死刑関連ニュース
7月22日18時57分配信 毎日新聞

裁判員制度で法務省は、被告が希望すればネクタイと靴の着用を認める方針を決め、22日行われた東京地裁での模擬裁判で被告役が着用した。日本弁護士連合会の要望を受けた措置で、着席位置も従来の被告席から弁護士の隣に変更して行われた。


法務省は、
▽ネクタイ着用は自殺の恐れがある▽靴の着用は逃走が容易になる--として認めていなかった。このため被告はノーネクタイ、サンダル履きが一般的だったが、市民から選ばれる裁判員に対する印象が悪く、有罪の予断を抱かせる恐れがある、と日弁連が変更を求めていた。


採用されるネクタイはフックを首回りに取り付ける形。靴は見た目が革靴でかかと部分のないサンダル。いずれも市販品で、拘置所が希望する被告に貸し出す。


被告の着席位置も、日弁連から「刑務官に挟まれ意思疎通が困難」との指摘を受け、弁護士の前にある被告席でなく、弁護士の隣への着席を認める。【石川淳一】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000012-maip-soci

トップに戻る

|

« 比嘉氏への手紙08.6.3 | トップページ | <裁判員制度>状況証拠だけで起訴の模擬裁判で無罪判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/22519927

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度 被告にネクタイと靴着用認める 法務省方針:

« 比嘉氏への手紙08.6.3 | トップページ | <裁判員制度>状況証拠だけで起訴の模擬裁判で無罪判決 »