« 死刑執行13人 鳩山法相の死生観 | トップページ | 第84回 秋葉原無差別殺傷事件 »

2008年7月14日 (月)

第83回 犯罪者の子供として…

6月5日(木)雲
最高裁、2001年に伊勢原市母娘強殺の加賀被告47の上告棄却。これで現在の死刑確定者が103名になった。

最高裁で、婚外子差別に違憲判決。これをうけて法相は
「母が外国人で日本人の父から認知された婚外子(非摘出子)の日本国籍取得届けを認める」と言明。これで比のTobyも、認知すれば日本国籍が取得できることになる。Tobyが日本国籍を取得すれば、肉親(親兄弟)のビザが簡単に出ることになる。経済的にはベスとだが、RevyはTobyが犯罪者の子として認知されるよりも、貧しさを選択するかもしれない。一応、手紙でこの事を知らせてやった方が良いか、否か、迷っている。

トップに戻る

|

« 死刑執行13人 鳩山法相の死生観 | トップページ | 第84回 秋葉原無差別殺傷事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/22287970

この記事へのトラックバック一覧です: 第83回 犯罪者の子供として…:

« 死刑執行13人 鳩山法相の死生観 | トップページ | 第84回 秋葉原無差別殺傷事件 »