« 第76回 歓迎すべき"死" | トップページ | 比嘉氏への手紙/2008.5.11 »

2008年6月26日 (木)

第77回 毎日米が食べられる幸せ

5/11(日)曇
「世界的な穀物不足から米の輸出を禁止する国が出始めた。東南アジア各国でこの1年で米の価格が2~3倍以上に急騰。世界最大の未輸入国フィリピンでも輸入が減る懸念から政府は、ファーストフード店に対し客に出すライスを半分にするように要請した、と地元紙。この数ヶ月で米の価格が40%値上がりし政府に適切な対処を求めて比各地でデモ。貧困地区1,500カ所に政府の安い米の臨時販売所に長い行列」の記事を読み、初めて比のRevyの家に行った時、食事の貧しさを見て驚く私に
「田舎では、おかずが無くてご飯だけでも毎日食べられるのは,幸せなんだよ」と云ったRevyの言葉を思いだした。

最期に渡比した05年1月当時、カインターのマーケットで米1k、16~28ペソの4段階の値で売られていた。Revyの家では1k、19ペソの米を食べていた。その頃の為替レートは10万円=5万ペソだったが、現在は10万円=3万7千ペソだから、今の米価は2倍半くらいになっているだろう。比は2毛作ができるので米は自給できる国だと思っていたが、米の輸入大国と知り,働きたくても仕事がなく定収入のない人が多い比の貧しさを痛感して、その厳しい生活環境の中で暮らしているTobyとRevyの生活を案じて暗く重い気分になる。

トップに戻る

|

« 第76回 歓迎すべき"死" | トップページ | 比嘉氏への手紙/2008.5.11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/21896652

この記事へのトラックバック一覧です: 第77回 毎日米が食べられる幸せ:

« 第76回 歓迎すべき"死" | トップページ | 比嘉氏への手紙/2008.5.11 »