« 米元死刑囚に聞く | トップページ | 第54回 あっというまの千秋楽 »

2008年5月 4日 (日)

第53回 桜、もう一度見たかった!

3/4(火)
朝刊で昨日(3/3)東京高裁で
守田の控訴棄却、死刑判決、即日上告したの記事。久しぶりに名前を見て少し懐かしい思いがした。

3/6(木
東京の桜の開花予想3月27日の報。
北海道の紋別市の港が一眺できる公園、滝ノ上町の山上の公園、どちらも5月の第2日曜が桜祭り。
もう一度見たかったな!!

齋藤さんから来信が届き"英日併読の聖書を購入できたので次回の面会時に差入"の由。なので
私も今日から
「キリスト今日信仰入門」H・エルリンハーゲン著
「イエスが邂った女たち」遠藤周作著
を読み始める。2冊共前に一度ざっと目を通したことがあり、再読だが、今度は(特に「入門」は)真剣にじっくり時間をかけて熟読するつもり。


トップに戻る

|

« 米元死刑囚に聞く | トップページ | 第54回 あっというまの千秋楽 »

コメント

死を意識し、新鮮な思いで生を見つめながら施設生活の平凡な日々を送っておられるあなたがキリスト教入門、の本をじっくり読まれるということ。何か心に響くものを感じました。
 死のことを先送りにして考えないで、いつまでも死なない人間であるかのように生きている大半の日本人に比べて死の現実を避けることが出来ないこととして、向き合わざるを得ない状況にあって日々を生きておられるあなたのこと。どちらが本当に今の生を大切に生きているのだろうか、と思います。
 イエスは御子を信じるものは永遠のいのちを得る、と
大胆なことを言っておられます。キリスト教とは深い思想とも言えますが、しかし、一方で子どもでも分かる単純なことで、イエスとの出会いなのです。

投稿: | 2008年5月10日 (土) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/20765330

この記事へのトラックバック一覧です: 第53回 桜、もう一度見たかった!:

« 米元死刑囚に聞く | トップページ | 第54回 あっというまの千秋楽 »