« 裁判員制度、1つの事件を5裁判体で評議 模擬裁判で実験 | トップページ | 模擬裁判 五グループ判決…量刑の差検証する初の試み »

2008年4月13日 (日)

悲惨事件審理、裁判員に「心のケア」…最高裁が方針

死刑関連ニュース

悲惨事件審理、裁判員に「心のケア」…最高裁が方針
4月13日3時7分配信 読売新聞

来年5月に始まる裁判員制度に向け、最高裁は、悲惨な事件の審理を担当した裁判員の
「心のケア」を行うため、24時間体制の無料の電話相談窓口を開設する方針を決めた。

殺人事件などの審理で、
遺体の写真などを見て精神的なショックを受けた裁判員のケアが大きな課題となっていた。最高裁は「いざという時の相談先を確保することで、裁判に参加する市民の不安を軽くしたい」としている。

裁判員裁判の対象となるのは、
殺人や強盗致死などの重大事件。刑事裁判では、検察側の冒頭陳述や被害者の証人尋問などで、残忍な犯行場面が再現されたり、遺体の解剖写真や傷口の写真が証拠として示されたりすることがある。

こうした事件を審理する裁判員の中には、ショックを受けて精神的な変調を訴える人が出てくることも考えられる。実際、模擬裁判に協力した企業からは
「社員が心的外傷後ストレス障害(PTSD)になって職場復帰できなくなるような心配はないか」といった不安の声も上がっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080412-00000058-yom-soci

トップに戻る

|

« 裁判員制度、1つの事件を5裁判体で評議 模擬裁判で実験 | トップページ | 模擬裁判 五グループ判決…量刑の差検証する初の試み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/20234074

この記事へのトラックバック一覧です: 悲惨事件審理、裁判員に「心のケア」…最高裁が方針:

« 裁判員制度、1つの事件を5裁判体で評議 模擬裁判で実験 | トップページ | 模擬裁判 五グループ判決…量刑の差検証する初の試み »