« 第42回 小田島から比嘉氏への手紙1 | トップページ | 第43回 小田島から比嘉氏への手紙2 »

2008年4月10日 (木)

4人を執行 鳩山法相命令は3回目、計10人に

死刑関連ニュース

4人を執行 鳩山法相命令は3回目、計10人に
4月10日11時42分配信 毎日新聞

法務省は10日、
4人の死刑を執行したと発表した。執行されたのは坂本正人(41)=東京拘置所収容▽岡下香(61)=同▽中元勝義(64)=大阪拘置所収容▽中村正春(61)=同=の各死刑囚。死刑執行は2月1日以来。鳩山邦夫法相による命令は3回目で計10人に上る。現在、収容中の死刑囚は104人になった。 

死刑執行は法相の命令が出なかったことによる約3年4カ月の中断を経て、93年3月に再開されたが、それ以後の執行数は計67人。再開以降でみると、昨年8月に就任した
鳩山法相の執行数は長勢甚遠前法相と並んで最も多く、約2カ月に一度という異例のスピードで進んでいる。

確定判決などによると、坂本死刑囚は02年、帰宅途中の女子高生(当時16歳)を連れ去り、群馬県内の山林で暴行のうえ絞殺。その後、身代金を用意するよう女子高生の自宅に電話し、23万円を受け取るなどした(殺人、略取など)。1審・前橋地裁は「綿密に計画されていない」と無期懲役を言い渡したが、東京高裁は04年10月、これを破棄した。坂本死刑囚も控訴審で死刑判決を求めていた。

中元死刑囚は82年、顔見知りだった大阪府和泉市の宝石商の男性(同70歳)方に押し入り、妻(同58歳)とともに刺殺し、現金を奪うなどした(強盗殺人など)。一貫して無罪を主張していた。中村死刑囚は89年12月、滋賀県内で元同僚の工員(同52歳)を睡眠薬で眠らせたうえ窒息死させて現金を奪い、遺体を切断。同10月にも身元不明の男性を同様の手口で殺害、遺体を切断して捨てるなどした(強盗殺人など)。

岡下死刑囚は89年7〜9月、内妻や知人男性と共謀し、東京都杉並区のアパート経営の女性(同82歳)が所有する土地を勝手に売却、約2億800万円をだまし取った。その後、発覚しないよう女性を殺害し、分配金を巡るトラブルで知人男性も岐阜県内の山林で射殺した(殺人、詐欺など)。1審・東京地裁は「場当たり的な犯行」として無期懲役だったが、2審は計画的殺人と判断し、最高裁も支持した。【坂本高志】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080410-00000005-maiall-soci

トップに戻る

|

« 第42回 小田島から比嘉氏への手紙1 | トップページ | 第43回 小田島から比嘉氏への手紙2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/20108436

この記事へのトラックバック一覧です: 4人を執行 鳩山法相命令は3回目、計10人に:

» 死刑囚 中元勝義のニュース [最新情報!世の中どうなってるの?]
中元勝義法務省が死刑執行を発表.(続きを読む) ギャンブル 新着人気ブログ「みずほ銀行」[七十七銀行]「京都銀行 ...死刑執行された中元勝義さんは冤罪かもしれない。≫≫ ... 中元は、ギャンブルにのめり込み借金返済に困窮していた。そこで、中元がよく行く喫茶店で、客..... [続きを読む]

受信: 2008年4月14日 (月) 00時29分

« 第42回 小田島から比嘉氏への手紙1 | トップページ | 第43回 小田島から比嘉氏への手紙2 »