« 第48回 個室からは季節の変化はわからない… | トップページ | 山口県光市母子殺害事件の判決要旨 »

2008年4月22日 (火)

当時18歳に死刑判決=回避する事情なし-光市母子殺害差し戻し審・広島高裁

死刑関連ニュース
当時18歳に死刑判決=回避する事情なし-光市母子殺害差し戻し審・広島高裁
4月22日12時30分配信 時事通信

山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた当時18歳の元少年(27)の差し戻し控訴審判決公判が22日、広島高裁で開かれ、楢崎康英裁判長は
「死刑を回避する事情を見いだすすべもなくなった」と述べ、死刑を言い渡した。

犯行時少年の死刑判決は、連続リンチ殺人で当時18~19歳の元少年3人に対する2005年の名古屋高裁判決以来。弁護側は上告した。

楢崎裁判長は
「何ら落ち度のない2名の生命と尊厳を踏みにじり、冷酷、残虐で非人間的だ」と指弾した。

本村弥生さん=当時(23)=と長女夕夏ちゃん=同(11カ月)=への殺意などを一転否定したことを
「虚偽の弁解」と断じ、「元少年は犯した罪の深刻さと向き合うことを放棄し、死刑を免れようと懸命になっているだけだ。反省心を欠いており、極刑はやむを得ない」と述べた。

最高裁が06年6月、
「特に酌量すべき事情がない限り、死刑の選択をするほかない」として一、二審の無期懲役判決を破棄し、審理を差し戻していた。

楢崎裁判長は、殺意の否定を
「起訴後6年半以上も話していないことを新しく供述し、不自然で不合理だ」と判断。遺体の状況にも整合しないとして退け、弥生さんへの乱暴目的も認定した。

元少年の年齢や精神的な未熟さを犯行の背景とする一方、死刑を回避する事情とまではいえないと指摘。その上で
「遺族に対する謝罪、反省の弁は表面的で、刑事責任の軽減を図る偽りの言動。改善更生の期待を裏切り、虚偽の弁解を考え出しており、反社会性は増した」と非難した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000069-jij-soci


トップに戻る

|

« 第48回 個室からは季節の変化はわからない… | トップページ | 山口県光市母子殺害事件の判決要旨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/20512752

この記事へのトラックバック一覧です: 当時18歳に死刑判決=回避する事情なし-光市母子殺害差し戻し審・広島高裁:

« 第48回 個室からは季節の変化はわからない… | トップページ | 山口県光市母子殺害事件の判決要旨 »