« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

第38回 直進3歩で行き止まりの運動場

1.24(木)

午前中に入浴があった。ノートを書き写して毎日発信を続けているが少々、目も手も疲れてきた。小便にたち,外を見ると雪が降っていた。霙混じりの雪で積もらないだろうと思う。小便のたびにカテーテルを水洗いするのだが,今日の水道水は手が切れそうに冷たく感じる。



1.29(火)

室内には爪切りを貸さないため,今日は手足の爪切りのために運動に出た。(寒くなった12月からは,3週間おき位に爪切りのときだけ運動に出ている)

運動場に出てみると今日は風はないが曇天(晴天でもあまり陽が射さないので大差ない)で寒い。

手早く爪切りを終えて後はひたすら歩く。運動場の広さは個室とほぼ同じ。直進5歩、横に1歩。逆に直進5歩、横に1歩で1周。走ると直進3歩ではランニングにならず,少し早足で歩くと目が回る。寒いのでせかせかと歩き時には中央で(中央にうまく立たないと広げた手が壁にぶつかる)両腕を開き、回し、肩・頭・腰を回して30分の運動だけで、翌日から三日間くらいは体のあちこちが痛み、運動不足を痛感する。



トップに戻る

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

第37回 一日中手紙を書く

1.21(月)

先週15/火書き終えたノートを郵送宅下しようと思い、願箋を出したが、18/金に宅下する必要がある理由を(
使用済ノートは原則廃棄の規則)仔細に書き再提出するようにとの告知を受けた。面倒なので、宅下をやめて、ノートを便箋に書き写して、手紙として発信することにして、19/土から一日中、ノートを書き写している。90円切手で便箋14枚送れるので今朝から発信を開始。


毎日発信できるように19/土、20/日に2日分書き溜める、今日は朝から風邪気味で頭痛がし、膝に毛布をかけて座っていても背中がぞくぞくするので書くのを中止。


午前9時半から入浴。週2回の入浴なので少々具合が悪くても風呂には入りたい。入浴時間の15分間は頭を下半身だけを洗っただけで、できるだけ湯に入り温もって部屋に戻ったが、長湯したために汗が出ては止まらず、やっと汗が止まったら寒気がしてきたので慌ててジャンパーの下に長袖Tシャツを着込んだ。




トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

第36回 初雪…北海道で雪掻きを思い出した 

1.17(木)

昼12時のニュース(NHK、朝7時のニュース録音)で
"昨夜中東京都心に初雪が降った。北海道旭川近郊でマイナス33度を記録した。"の報。
昭和30年代の北海道の冬でも、マイナス20度を超えると寒い日で、マイナス25度を超えるのは一冬で数日ですから,マイナス33度では寒さに慣れている道産子もさすがに寒くて震えるだろうと思いながらニュースを聞いた。


私が小学5年~中学2年に祖父母と暮らしていた紋別の鴻之舞金山は、両側の山の間の一本道の待ちだったので、
一晩で50cm/m位の積雪はザラだった。加えて風が吹いた翌朝は起きると1階は吹きだまりの雪に埋まり、私と祖父はスコップを持って2階の窓から2m位ある雪の中に飛び下り、雪の中を潜って道路に出てから、玄関に向かって雪掻きをして入口を開けたことなどを思い出した。



トップに戻る

続きを読む "第36回 初雪…北海道で雪掻きを思い出した "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

第35回 理髪

1.15(火)

毎週の月・木曜が入浴日。昨日(月)が祝日だったため本日に変更。入浴の前に理髪があれば風呂で頭が洗えたのだが,タイミングが合わず。

午後1時過ぎから入浴した後,30分くらいして理髪があり、部屋に戻り水道で頭を洗ったが水の冷たさに頭が凍りそうで痛かった。5cm位に伸びていた毛を2mmに丸刈りしたので、襟元がスースーして頭が寒い。

刈った毛が服に付くのを嫌いランニング1枚で理髪してきて,冷水で頭を洗い,湯冷めをしたのか,鼻水が出始めて夕方には風邪気味。仮就寝の5時になるのが待ち遠しいかぎり。



トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都・神奈川の親族連続殺害、松村被告に死刑判決

死刑関連ニュース

読売新聞
京都府と神奈川県で昨年1月、親族2人を相次いで殺害し、現金などを奪ったとして、強盗殺人罪に問われた無職松村恭造被告(26)の判決が17日、京都地裁であった。


 増田耕兒(こうじ)裁判長は
「反省、後悔の念は乏しく、更生の期待は難しい。事件は誠に残虐で人間的感性が欠落しており、極刑はやむを得ない」として、求刑通り死刑を言い渡した。

判決によると、松村被告は昨年1月16日、京都府長岡京市の伯母岩井順子(よりこ)さん(当時57歳)方で、岩井さんの顔などを刃物で刺したり鈍器で殴打したりして殺害し、2万円などを強奪。

同23日には、神奈川県相模原市の大叔父加藤順一さん(同72歳)方で、加藤さんの頭などを金属製の棒で殴って殺し、3000円や携帯電話などを奪った。

検察側は、松村被告が生活に困った末の金目当の犯行と主張。松村被告側は強盗目的を否認していた。

増田裁判長は、岩井さんの事件について「経済的に困窮していた被告には金品強奪の動機があり、現場では、目に付いた金品以外にも引き出しから財布を奪った」、加藤さんの事件についても「今後の生活のために金が必要だった」とし、強盗目的を認定した。

そのうえで、
「終始一貫して反省の態度をみせておらず、死刑をもって臨むしかない」と結論づけた。

松村被告は公判で
「人殺しという初体験の大事を極めて冷静に完遂し、自分をほめてあげたい」などと述べていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080317-00000007-yom-soci


トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

第34回 成人の日

1.14(月)成人の日

17才で服役した函館少年刑務所でも、該当者だけを講堂に集めて
成人式があった。

昭和38年の成人式は、
昭和37年4月1日~38年3月31日の間に満20才になる者が該当で、4/17で満20才になる私は該当外だった。この年の秋に出所して翌39年の成人式に出席できると楽しみにしていたが、出席通知が届かず、帯広市役所に問い合わせると、私の場合は前年38年の該当だった、との事で結局私は成人式を経験できなかった。



トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

死刑廃止議連「死刑は全員一致が条件」

死刑関連ニュース

<裁判員法>死刑廃止議連「死刑は全員一致が条件」

3月4日21時59分配信 毎日新聞

 市民の裁判員と裁判官計9人が多数決で決める量刑について、超党派の国会議員でつくる「死刑廃止を推進する議員連盟」(会長・亀井静香衆院議員)は4日、死刑判決の場合に限って全員一致を条件とすることを柱とする裁判員法改正案を作成する方針を明らかにした。仮釈放のない終身刑を創設する刑法改正案と併せ、今国会に提出する意向だ。

 裁判員裁判では、3人の裁判官と6人の裁判員が評議し、最低1人の裁判官を含む計5人の賛成で量刑が決まる。

 これに対し、議連は「死刑という重い判断はより慎重に決定されるべきだ」として、裁判員法に「全員一致」の特例を盛り込む案を検討している。死刑賛成の意見が過半数に達したが、全員一致とならない場合、終身刑とする仕組みだ。議連事務局長の保坂展人衆院議員は「来春始まる裁判員制度まで残り少ない。迅速に改正案を取りまとめ、提出したい」と話した。【坂本高志】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080304-00000155-mai-pol




トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

第33回 正月気分が消えて

1月7日(月)

正月気分が消えていつもの施設生活戻った感じがします。
以前にいた棟の8階にも何人かの死刑確定者がいたが、勾留更新を告知する職員が頻繁に来たり,面会の呼出、裁判出廷の出入り、収容者が声高に職員に反抗したり等々、個室の中で座っていても結構ざわついた感じが分かった。だが、確定言渡し後に移ってきた今の棟の11階では、そうした動きが極端に少なく、死刑確定者も多いためか全体にすごく静寂です。本当に静かな正月でした。


2005年1月に逮捕されて、
取調べ起訴再逮捕起訴再々逮捕起訴裁判と続いたこの3年間、相応に身構えてきたためか、昨年11/1に控訴を取下、11/27に確定言渡を受けてから1ヶ月経つのに、死刑確定者になって、これで終わったーと思い、これまで身構えていた緊張が解けたせいか、いまだに気が抜けて体に力がはいらないような脱力感が続いています。その反面、何とも言えない孤独感に苛まされています。


本を開いて目は活字を負っているのに,ハッと気づくと同じ行を繰り返し読んでいたり、視力の境を超えた位置で持った本の字が3重にダブって読めないのに、開いた頁を見ているだけなのに気づいて驚くなど、まったく本の内容が頭に入らない。仕方がなく正月の連休中はなるべく単行本をやめて月刊小説誌(短篇なので)ばかり読んでいました。



トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

第32回 松の内献立

1月2日(水)新年初入浴日

朝食 白米、味噌汁(ナス、キャベツ)、ナメコ春菊、鯛みそ、リンゴ。
昼食 白米、ケンチン汁、金平ゴボウ、マグロ刺身(トロロ付)
夕食 白米、野菜炒め、汁粉(角餅3枚入)牛乳、パイナップル缶詰。


1月3日(木)
朝食 白米、味噌汁(キャベツ、ワカメ)、昆布佃煮、サツマ芋煮、ミカン。
年賀状が届いた。
昼食 白米、海老フライ、コーンスープ、スパゲティー。
夕食 白米、雑煮(味噌味角餅3枚入)、里芋煮物、レモンティー、パン(こしあんデニッシュ)。



刑事施設の食事で
白米飯が食べられるのは正月3日間の一辺だけです。2等米の古米と外米混合の白米飯だが、普段の麦飯よりは格別に美味しく感じて無理して残さず食べ続けた正月でした。

今この時にも世界では飢えて死ぬ子供が沢山います。RevyとTobyが暮らすフィリピンでもゴミを拾い残飯をあさって生きている子供が多くいます。

いま犯罪者の自分が、こんなに恵まれた食事ができることの幸せを、誰に,何と言って感謝すればよいのだろうかー。


トップに戻る

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年3月 3日 (月)

マブチモーター会長妻子など4人殺害、守田被告に2審も死刑-死刑関連ニュース-

死刑関連ニュース
yahooニュースにて小田島鐵男関連のニュースがアップされた。


千葉県松戸市で2002年8月、「マブチモーター」会長の妻子が自宅で絞殺された事件など3事件で計4人を殺害したとして、強盗殺人罪などに問われた住所不定、
無職M(57)の控訴審判決が3日、東京高裁であった。

中川武隆裁判長は、死刑とした1審・千葉地裁判決を支持し、M被告側の控訴を棄却した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080303-00000034-yom-soci


トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

第31回 2008年第一回目小田島面会映像リポート

ノンフィクション作家・斉藤充功による
2008年一発目の小田島面会映像!

続きを読む "第31回 2008年第一回目小田島面会映像リポート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »